にきび跡

にきびバスタードットコムTOPページにきびの基礎知識にきび跡

にきびができること自体,大変なストレスですが、にきびが治った後に残るにきび跡も非常にストレスの元になります。

同じにきびができても,すっきりキレイににきび跡が残らない人もいれば、にきび跡が赤みを帯びたり,凸凹のクレーター状になってしまう人もいたりと千差万別です。

にきび跡はなぜできるのでしょうか?ここではそんなにきび跡ができてしまう原因について解説しています。

にきび跡がのこってしまう理由

にきびが悪化すると内部に膿をもつ膿疱(のうほう)ができることはにきびとは? で解説しました。

膿疱(のうほう)になると,にきびの炎症は表皮の部分だけでなく,もっと深部,皮膚の細胞を作っている基底細胞にまで悪影響を及ぼし始めます。

そうなると人体の修復機能が働き、その傷を治そうと毛細血管やメラニン色素がそのニキビの周囲に集まってきます。これがにきび跡の赤みや色素沈着のもとなのです。

にきび跡,赤み,色素沈着   にきび跡:赤み,色素沈着

さらにこのにきび肌が紫外線にさらされるとメラノサイトが活性化され、色素沈着はより一層ひどくなってしまいます。

また,毛穴の細胞壁が壊れ,基底細胞が損傷すると,にきび部分が陥没したり,隆起したりして,凸凹のクレーター状の跡が残ることもあります。

にきび跡,クレーター   にきび跡:クレーター

にきび跡が残りやすい体質

にきび跡が残りやすい体質というものもあります。

怪我をしたり,虫刺されの際に傷跡が残りやすい体質の人や、傷口が盛り上がってケロイド状になりやすい人はにきび跡もひどくなりやすい傾向にあるそうです。

にきび跡になりやすいケロイド体質 傷口がケロイド状になった例

このように体質的ににきび跡が残りやすい人は,早めに病院などで処置を受けるなどしたほうが良いと思われます。

にきびバスタードットコムスポンサードサイト

にきびに関する情報

スポンサードサイト

その他

免責事項

リンク