にきび市販薬・塗り薬

にきびバスタードットコムTOPページにきび治療グッズにきび市販薬・塗り薬

にきびの市販薬をいろいろと紹介しています。

にきび市販薬選びのポイント にきび市販薬選びのポイントを参照の上,にきびの市販薬を使用する前に,まず日常生活や日常で出来るケアをしっかりとしましょう。

にきびの市販薬を使うのはどうしても日常のケアだけではうまくいかないときの最終手段だと思ってください。

各医薬品の説明文を詳しく読んだ上で使用してくださいね。

飲み薬などの内服薬についてはにきび市販薬・のみ薬 にきび市販薬・のみ薬へ。

にきび薬は海外製・ジェネリック医薬品がおすすめ

ここでは日本のドラッグストアでは手に入らないにきび治療用の海外ジェネリック医薬品を中心に紹介しています。

でも、なぜ海外のそれもジェネリック医薬品なのか?

その答えは簡単。日本製の市販にきび薬が効かないからです。

なぜ効かないのでしょうか?
その理由は市販薬を市場に流通させるまでの手続き・認可が非常に厳しく、強い効果をもつ薬品が許可されにくいからです。

つまり、日本で販売されているにきび薬は副作用なども少ないが、効果も少ないものばかりなのです。

一方で海外製のにきび薬はその効果の高さから、日本の病院でも使用されています。しかし、それらはほとんどが自由診療。つまり保険適用外なので、治療費が非常に割高になってしまいます。

そこで、海外製のにきび薬を個人で購入する。特にジェネリック医薬品(オリジナルの医薬品と全く同成分・同じ効果の医薬品。オリジナルの特許期間が過ぎた後はジェネリック医薬品の製造が可能。初期の開発費が掛からないので、割安な値段で購入できる。)がリーズナブルでおすすめできるのです。

これら海外医薬品の個人購入は決して違法行為ではないので、その点は安心してください。

正し、効果の強さの反面、副作用が生じることも。使用の際は説明書きを必ず見た上での使用をお願いします。

私自身、間違ってつけすぎたり、ニキビ以外の部分まで塗ったりしたことで、肌荒れが進んでしまったことも。しかし正しく使用した際の効果は絶大です!

おすすめ にきびの塗り薬

レチノA0.025%

レチノA、シワ取りクリーム通販レチンAジェネリックのレチノA0.025%は、にきび治療薬として使われていましたが、美肌にも効果があると言われています。ニキビ跡、シミ、ソバカス、小シワの改善治療に用いられるトレチノイン配合の医薬品クリームです。トレチノインは、皮膚のターンオーバーを促進し,しつこいにきびやにきび跡を改善します。洗顔後、夜就寝前に塗り翌朝、洗い流してください。

レチノA0.05%

レチノA、レチンシワ取りクリームの個人輸入

上に紹介したレチンA0.025%の2倍、レチノA0.05%は皮膚のターンオーバーを促進するトレチノインが0.05%含まれた医薬品クリームです。ピーリング効果があるので使用した際にヒリヒリすることがあります。使用時は肌のバリア機能が低下するので、日中つける時にはUVケアをしっかりしましょう。肌が薄い目の周りや口の周りは避けてください。

トレチノインジェル01%

トレチノインジェル01%

トレチノインは、ビタミンA誘導体の一種です。レチンAまたは、スティーバAという商品名で販売されています。トレチノインは、しわ対策やにきび治療に用いられています。トレチノインは、皮膚科にてニキビ跡の治療目的に使用されていましたが、肌へのピーリング効果が期待できたため、現在は、しみやしわなどの改善にも使用されています。

ディフェリンクリーム

ディフェリンクリーム

レチノイドの作用で毛穴に詰まった皮脂を取り除き、吹き出物や、ニキビを改善に役立ちます。アダパレンという成分が毛穴をふさいでいる厚い角質層を薄くして、ニキビの元ができないように、できてしまったニキビの元を毛穴から出して治してしまおうという薬です 。にきびの治療薬として、最近では日本でも使用する皮膚科が増えています。

ユークロマ

ユークロマ プラス個人輸入

アメリカや日本で美白やシミ除去に使用されているハイドロキノン2%配合クリーム。ハイドロキシンは、シミやそばかすの原因であるメラニン色素の生成を阻止します。皮膚の漂白剤とも呼ばれ、ニキビ跡の色素沈着への治療に効果的なクリームです。


飲み薬のにきび薬を多数紹介していますにきび薬,飲み薬 にきび市販薬・のみ薬


にきびバスタードットコムスポンサードサイト

にきびに関する情報

スポンサードサイト

その他

免責事項

リンク