皮膚の基礎知識

にきびバスタードットコムTOPページ皮膚の基礎知識

皮膚は表皮、真皮、皮下組織の3層からできています。

皮膚構造

表皮をさらに詳しく見ると、角質層、透明層、顆粒層、有棘層、基底層からなっており
このうち透明層は手のひらか、足の裏にしかありません。

肌のターンオーバーとは?

これらの層の中で、新しい細胞を作り出しているのは表皮の一番深部にある基底層になります。基底層ので作り出された細胞は、次に作られた、より新しい細胞に押し上げられるようにして、皮膚表面に向かって移動します。

角質層まで押し上げられた細胞は、やがて薄い角片となってはがれ落ちます。
この角片アカやフケなのです。

こうして表皮は新陳代謝を繰り返し、常に新しい細胞と入れ替わっています。これを皮膚の『ターンオーバー』、または角化といいます。

新しい細胞が角質層まで移動するのに約2週間、それから角片となってはがれ落ちるまで約2週間とされ、皮膚のターンオーバーは約4週間で行なわれています。

潤い、弾力のある美しい肌は、このターンオーバーがスムーズに行なわれることで得られます。逆にターンオーバーがうまくいっていないと、角質層が厚くなり、肌のハリやツヤが失われてしまいます。

ターンオーバーが乱れる要因

①栄養の偏り、不足  ②日焼けによる紫外線の悪影響  ③ストレス  ④老化 
など

人の肌質は誰でもがおなじではありません。皮脂の分泌量と角質層の水分の量によって、大きく4つのタイプに分けることができます。

にきびバスタードットコムスポンサードサイト

にきびに関する情報

スポンサードサイト

その他

免責事項

リンク