日焼け止めの正しい使い方

にきびバスタードットコムTOPページにきび,にきび跡治療日焼け止めの正しい使い方

日焼け止めは塗る量によって効果が違うってことご存知だったでしょうか?

例えば日焼け止めでSPF20のものも、少量を薄く塗るとSPF15程度しか効かなかったり、逆に15のものをたっぷり塗れば20以上の効果を発揮したりするのです。

標準使用量(SPF20なら20の効果を得るために必要な量)は、クリームタイプのものを顔に使うなら、細くしぼり出して、だいたい指の長さ2本分とかなりの量が必要になります。

ついつい、日焼け止めがべたつくから多くの量をつけるのを嫌がる人もいるでしょうが、にきび予防のためにもしっかりと日焼け止めは必要量を塗って、予防に努めましょう。

日焼け止め にきび予防のために必ず紫外線対策を

日焼け止めを選ぶ際の留意点

日焼け止めのSPF値が大きいほどUVB(皮膚ガンの原因になる紫外線)の防止効果が高くなると紫外線対策のページで説明しました。

日焼け止め SPFが高いものほど紫外線防止効果が高いが,

ただ、このSPF値が大きいものの中には紫外線吸収剤という成分を含むものが多く、刺激性やアレルギー性の点において、長い時間つけておくことはオススメできません。

この紫外線吸収剤は紫外線を吸収すると化学変化を起こして不安定になり、肌にダメージを与えかねないからです。う。

ですから、日焼け止めを選ぶ際には“紫外線吸収剤フリー”、“ケミカルフリー”、“ノンケミカル”などの表記がある商品を選びと良いでしょ

にきびバスタードットコムスポンサードサイト

にきびに関する情報

スポンサードサイト

その他

免責事項

リンク