界面活性剤って?

にきびバスタードットコムTOPページにきび,にきび跡治療界面活性剤って?

界面活性剤ってご存知ですか?通常では水と油は混じらず、2層に分離します。この2層の境目のことを、界面といいます。この界面を壊して、両者を混ぜ合わせる作用をもつのが、界面活性剤なのです。

界面活性剤が無い状態 ①通常なら水と油は混じらず2層に分かれますが,

界面活性剤の効果 ②界面活性剤の作用で水と油が混ぜ合わされます

水だけ、または油だけで化粧品をつくることは通常できないので、多くの化粧品に界面活性剤が使われ、また皮脂などの油性の汚れを水で洗う場合には不可欠なので、洗顔料などにも含まれています。別名を乳化剤ともいいます。

界面活性剤の問題点

界面活性剤にも数種類あり、強いものを使いすぎると肌のセラミドなどが溶け出して、肌のバリア機能が破壊されます。特にオイルタイプのクレンジングと、リキッドファンデーションによるトラブルが多いようです。

リキッドファンデーションリキッドファンデーション

クレンジングオイルオイルタイプのクレンジング

このような点から、最近では刺激の少ない界面活性剤の開発がすすめられています。特にレシチンは、大豆や卵黄にも含まれる天然の界面活性剤で、化粧品(化粧品選びのポイントへ)にも応用されています。

  レシチンレシチン

にきびバスタードットコムスポンサードサイト

にきびに関する情報

スポンサードサイト

その他

免責事項

リンク