タイプ別にきび漢方薬 ⑦

にきびバスタードットコムTOPページにきび,にきび跡治療にきびの漢方薬→タイプ別にきび漢方薬⑦

気血両虚型

栄養不足でニキビができるタイプ

<にきびの特徴>

  • 赤みは無いか、ごく薄い、褐色に見えるものもある
  • 場所は移動しない
  • 大きさはほとんど変わらない
  • 熱感は無い

<身体的な特徴>

  • 顔色がくすんでいる
  • 唇に赤みが少なく、全体的に顔が白っぽい
  • 元気が無く、疲れやすい
  • 髪の毛、肌が乾燥しやすい
  • 目が疲れやすい
  • 生理が遅れがちで、量が少ない
  • 立ちくらみ、動悸がおきやすい

<ポイント>

  • 疲れると肌が乾燥してカサカサになりやすく、にきびも悪化する
  • 肌が乾くとかゆみがでやすい
  • 生理の後半から終わった後に体調が悪くなり、にきびも悪化する
  • にきびの後に赤紫色の色素沈着が残りやすい

<このタイプの主要漢方薬>

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

<効能>
血液の生成を助ける、胃腸の働きを助けるなど

にきびバスタードットコムスポンサードサイト

にきびに関する情報

スポンサードサイト

その他

免責事項

リンク