にきびを悪化させる活性酸素

にきびバスタードットコムTOPページにきびの基礎知識にきびを悪化させる活性酸素

活性酸素が肌に悪影響を及ぼすということは最近では常識となってきました。活性酸素というものは、簡単にいうと色々な細胞を酸化させてしまう不安定な酸素分子のことです。

肌にアクネ菌が存在すると皮膚の表面にポルフィリンという代謝物を排出します。このポルフィリンに紫外線が当ると活性酸素が産出されます。

この活性酸素が皮脂を酸化させることによりニキビができ、また炎症を悪化させます。日焼けすると起こる炎症なども、この活性酸素が原因ですし、メラニン色素の生成を促進し、シミなどの原因をつくるのも活性酸素なのです。

ただし、活性酸素は免疫などの部分において人体には欠かせない、という側面もあります。ですが、過剰になりすぎると、肌などへのダメージを含め人体へ悪影響を及ぼします。

また、にきび跡の形成にもヒドロキシラジカルという活性酸素が作用しています。

活性酸素 ヒドロキシラジカル:活性酸素の中でも悪性が強く,癌の発生要因にも。

活性酸素が生じる外的要因

生きている限り、私たちは呼吸をしますので、放っておいても活性酸素は体内に蓄積されていきます。これは仕方の無いことです。

それ以外に活性酸素を生じる外的な要因としては、

①紫外線
②水道水(厳密に水道水に含まれる塩素。最近では含有量は少なくなっています)
③油を使った食品
④タバコ
⑤放射線
⑥一部の農薬や医薬品

などが挙げられます。

これら以外においても原因は様々考えられ、我々が日常生活において活性酸素を避けて通ることは、ほぼ不可能です。

体内の活性酸素を除去するには?

活性酸素から逃れることはほぼ不可能ですが、体内の活性酸素を除去する働きを持つラジカルスカベンジャーと総称される物質があります。

ラジカルスカベンジャーに含まれるものとして、私たちでも身近に摂取できるもので

①ポリフェノール(赤ワインに多く含まれることで有名ですね。)
②ビタミンC
③ビタミンE
④カロチノイド(トマトに多く含まれるリコピンもこの一種です。)

などが挙げられます。

肌の活性酸素を取り除くには?

皮膚からラジカルスカベンジャーを取り込むことが一番です。特に強力に作用するのが誘導型ビタミンCです。(にきび治療・ビタミンCのイオン導入参照)

ビタミンCは強い抗酸化力をもちますが、皮膚からの吸収が難しい性質を持っています。しかし誘導型ビタミンCは皮膚から浸透しやすく、直接活性酸素を取り除いてくれるのです。

ビタミンC誘導体で早めの処置を心がけると、にきびの発生、悪化、またニキビ跡の形成を抑えることができるのです。

にきびバスタードットコムスポンサードサイト

ムスポンサードサイト

にきびに関する情報

スポンサードサイト

その他

免責事項

リンク