コラーゲンって?

にきびバスタードットコムTOPページにきび,にきび跡治療コラーゲンって?

サプリメントなどでもコラーゲンってよく聞きますね。でもコラーゲンって一体どういった役割を果たしているのでしょうか?お肌にいいってことはご存知だと思いますが。

では、もっと深くコラーゲンの役割について理解を深めてみましょう。きっとにきび肌の改善にも役立つ知識となるはずです。


コラーゲンの基礎知識

コラーゲンとはグリシン、プロニンといったアミノ酸が集合した紐のような形状をしたタンパク質です。人間の身体のうちタンパク質は20%を占め、そのうちの1/3がコラーゲンです。そのうちの4割ほどが肌に、残りは骨、軟骨、血管などに存在します。

肌のコラーゲンは真皮にあり、肌の支柱のようなものです。真皮の中で網の目上に張り巡らされ、肌の張りを保つ役割を持っているのです。

コラーゲン肌の支柱の役割をするコラーゲン

そして、コラーゲンの間には最近の基礎化粧品でも有名になった、ヒアルロン酸をはじめとしたプロテオグリカンという物質が埋まっています。このヒアルロン酸は、水分をたっぷりと溜める作用をもっています。

つまり、コラーゲンは肌のハリ、潤いに非常に密接に関係した物質なのです。肌の水分量の減少は、皮脂の分泌を過剰にするので、にきび肌が生じているのはひょっとしたら、このコラーゲン不足が原因なのかもしれません。


コラーゲンの摂取方法

食べ物でいうと、鳥の皮や、魚の皮といった動物性タンパク質の中に多く含まれています。

ただ、コラーゲンを摂ろうと、これらの食材を多く摂るにはカロリー量が非常に多くなり肥満の原因ともなりかねません。

そこで、やはり簡単に摂る方法としてはサプリメントがオススメです。

ただ市販のサプリメントは一般的にコラーゲンそのものではなく、コラーゲンをある程度分解したアミノ酸の集合体です(コラーゲンそのものを摂取しても結局胃のなかで、アミノ酸に分解されるため)。

これらアミノ酸が体内に入った後、コラーゲンを作り出す材料として働くのです。

つまり、サプリメントでコラーゲンという名称がついたものを飲むと、もちろん効果はありますが、アミノ酸のサプリメントでもコラーゲンを作り出すことができます。

どちらを選ぶのかは、もちろん自由です。

加えて、ビタミンCもコラーゲンを体内で作り出すのを促したり、分解を抑えたりする働きがあるので、サプリメントでコラーゲンを摂取する場合はあわせて飲むとより効果的でしょう。


コラーゲンの大敵

コラーゲンは放っておいても常に体内において、壊されたり、作られたりを繰り返し、半年ほどですべて入れ替わってしまいます。

ただ、紫外線や喫煙は間接的ではありますが、コラーゲンを破壊する原因となるので注意が必要です。

喫煙はなかなか難しいとは思いますが、もし禁煙できないのであれば、ビタミンCを通常量よりも多めに摂るようにしましょう。

紫外線については日焼け止めをしっかり塗ることで対処できるので、外出時などは気をつけましょう。(紫外線対策 紫外線対策へ)


コラーゲン にきび治療 おススメアイテム

究極のお肌若返りサプリ!ホワイテックス【プエラリアの専門店【プエラリアプラザ」】ホワイテックス
肌の保水力に優れたヒアルロン酸,ベビーコラーゲンの元である卵殻膜やにきび治療にも非常に効果的なプラセンタ,抗酸化作用の高いアスタキサンチンなど18種類の美肌成分が含まれたサプリメント。ビタミンBやビタミンCなど、にきび治療,予防にうってつけの成分が一度に摂れます。
価格にきび,にきび跡治療,プエラリア期間限定7,900円


にきびバスタードットコムスポンサードサイト

にきびに関する情報

スポンサードサイト

その他

免責事項

リンク