にきびはなぜ再発しやすいのか?

にきびバスタードットコムTOPページにきびの基礎知識にきびはなぜ再発しやすいのか?

にきびの特徴の一つとして再発しやすいことが挙げられます。一度収まったと思ってもまた同じところに出来るので、完全に治すのには時間がかかってしまいます。

にきびが再発しやすい理由とは?

にきびは面皰(めんぽう:コメド)や初期の丘疹(きゅうしん)(にきびとは?参照)が10個以下では、軽症でこの場合にはあまり再発は起こりません。

再発しやすいのはそれらが10個を超えたときです。しかもあごや頬などの限定した場所に10個以上のにきびが集中すると、それだけで周辺の血液循環が悪くなります。

またニキビの炎症部やその周りには、活性酸素(にきびの原因2参照)やそれによって参加された過酸化脂質がたくさん集まります。肌にとって非常にニキビのできやすい環境となってしまうのです。

毛穴も関係する?

にきびとは?で述べたとおり、にきびは毛穴にできます。この毛穴同士は0.5~1㎜の間隔で隣接しています。

にきびの原因は、この毛穴が角質で狭くなってしまうことですが、一つの毛穴にニキビができて腫れると、すぐ隣にある毛穴を圧迫します。

すると正常な毛穴でも入り口が狭くなり、皮脂がたまってきます。しかも炎症を起こした毛穴の周囲は活性酸素が集まってきます。

この活性酸素によって、毛穴の皮脂がどんどん酸化されてしまうのです。このことから一つのニキビができると、その周りには次々とニキビができてしまうのです。

またニキビが集中しているほどニキビは悪化し、周囲に広がっていきます。

炎症が治まったと思っても。

にきびの炎症が治まったと思っても、油断は出来ません。ニキビ跡のくぼみや赤みが残っていると、にきびは再発しやすいのです。

ニキビ跡のくぼみは、皮膚の構造が崩れ、正常な組織を形成していない状態といえます。

形が崩れていると周りからの圧迫を受けやすく、毛穴の出口も狭くなってしまいます。そこに皮脂が詰まり、にきびができやすくなるのです。

皮膚の赤みはもっと危険な状態です。これは炎症の残りで、その部分の血管が広がり、古い血液がたまっている(うっ血)ということです。

これでは細胞に酸素や栄養分が十分に行き届かず、刺激に対しても反応が鈍くなってしまいます。

こういった皮膚にちょっとした刺激などで異常角化が起こると、通常より増してにきびになりやすくなります。

ですから、炎症が治まったからといって、すぐにニキビ治療を止めるのではなく、赤みが完全にひくまで、またにきびの痕跡がなくなるまでは治療を継続しましょう。

にきびバスタードットコムスポンサードサイト

にきびに関する情報

スポンサードサイト

その他

免責事項

リンク