にきび治療・日常の習慣を見直そう

にきびバスタードットコムTOPページにきび,にきび跡治療にきび治療・日常の習慣を見直そう

にきびの中には通常の発生要因だけでは生じない種類のにきびもあります。ここではそういった特殊な種類のにきびについて説明します。

『圧迫刺激』がにきびの原因のひとつになることをご存知でしょうか?これは実際に医師が研究発表した結果で、例えばほおづえなどをついていると、ほおづえをついている部分にニキビができやすくなるそうです。

こうしたクセや習慣は、無意識にやってしまうのですが、頬など同じ部分ばかりにいつもニキビができるという人は、チェックしてみましょう。


にきびに触っていませんか?

できてしまったニキビには触らないのが鉄則。ついつい気になってニキビを触ってしまったり、無意識のうちにさわっていたという経験はないでしょうか?

にきびを汚れた手で触ってしまうと、手についた雑菌などがにきびの悪化の原因となります。

また、爪で引っかいたりしてしまうと、赤黒い色素沈着やクレーター状の凹みを残してしまう可能性が高くなります。くれぐれも触らないよう気をつけましょう。


にきびを無理にはがそうとしていませんか

ニキビが治るのを待ちきれずに、スクラブなどでゴシゴシ乱暴にはがそうとするのは絶対に避けてください。私も洗顔などで磨けば磨くほどにきびが取れていくような気がして、ゴシゴシ洗っていたことがありました。これは全くの逆効果です。

特に治りかけのにきびにおいては、再び悪化することがあるので、無理にはがしてしまおうなどと考えないことです。

肌を磨き、はがしとると未成熟な表皮細胞が増加します。未成熟であることから免疫力が弱く、刺激に非常な肌となってしまいます。結果的に様々な肌トラブルを起こす原因となってしまうのです。

古い角質だけをとろうと思うならケミカルピーリングなど,できるだけ安全な方法をとって行ないましょう。


にきびバスタードットコムスポンサードサイト

にきびに関する情報

スポンサードサイト

その他

免責事項

リンク