大人にきびって?

にきびバスタードットコムTOPページにきびの基礎知識大人にきびって?

にきびはそのできる年代によって思春期にきび、大人にきびに分類されます。最近では大人にきびに悩む人が増えているそうです(私もそうでしたが...)。では,この大人にきびは思春期にきびとなにが違うのでしょうか?

思春期にきび

10代のころにできる、にきび(『思春期にきび』)の原因はホルモンバランスの関係で、皮脂腺が発達して分泌量が増える一方で、毛穴の発達が追いつかないことから起こるとされています。

結果として毛穴づまりをおこし、そこにアクネ桿菌などが繁殖して炎症を引き起こします。

大人にきび

思春期にきびに対して、20歳以降に起こるにきびを『大人にきび』と呼ぶことが一般化してきました。

大人にきびができている肌を調べると、10代のころのベタつくような肌とは異なり、反対に乾燥していることがあります。

大人にきび治りにくい大人にきび

また、あごの下や首周りなどにできることが多く、治りにくい上に、跡が残りやすいといった特徴があります。

大人にきびの成因

皮脂量は多くないのに、毛穴が小さく皮脂がうまく排出できなかったり、肌のうるおい不足によってターンオーバーが乱れて古い角質が毛穴の出口をふさいだり、などが考えられるようです。

さらに、ストレスや生理サイクルなどの影響で、一時的に皮脂が過剰に分泌されることによって、毛穴詰まりを起こすことなどもあり、原因は一つに絞りきれません。

そのために、『大人にきび』は完治が難しいと言われています。

にきびの原因であげた、すべての因子が『大人にきび』に関係してきます。

自分自身に考えられる大人にきびの要因を絞り出し、適切に対処するように心掛けましょう。

にきびバスタードットコムスポンサードサイト

にきびに関する情報

スポンサードサイト

その他

免責事項

リンク