セラミド、尿素って?

にきびバスタードットコムTOPページにきび,にきび跡治療セラミド、尿素って?

セラミド,尿素についてご存知でしょうか?よく基礎化粧品の成分表示にセラミド、尿素などが記されていますが、これらは一体何の働きをするのでしょうか?

ここでは,セラミド尿素について詳しく解説します。


セラミドって?

空気中の湿度が下がってくると、私たちの肌からは水分が蒸発しようとします。通常、健康な角質層は、30%以上の水分を含んでおり、これが30%以下になると乾燥肌、15%以下になるとつっぱり感がでてきます。

そこで、私たちの肌が乾燥しないよう、水分が30%以下にならないよう、角質層に水分をつなぎとめているのが『セラミド』などの角質細胞間脂質なのです。

セラミド 角質層に水分をつなぎとめる役割のセラミド

従来、保湿というと『油分(クリームやオイルなど)』でその水分を閉じ込めるという考え方が一般的でした。ですが、そういった考え方は少し古いらしく、最新のスキンケアはセラミドなどの水分をつなぎとめる成分を補うことが重視されているようです。

特に顔の場合においては、油分をつけすぎると、にきびなどのトラブルを生じるため、なるべく控えめにして、セラミド配合の美容液を使うと良いようです。


尿素って?

尿素は、元々私たちの肌にある『天然保湿因子(NMF)』の一つです。セラミドよりも保湿力は弱いのですが、肌の保湿に役立つ成分です。

セラミドよりも値段が安く、安全性自体も高いので、子供から高齢者まで、毎日身体に塗るのに適した成分となっています。

尿素 天然保湿因子の一つ尿素


天然保湿因子

天然保湿成分(ナチュラル・モイスチャライジング・ファクター)とは、肌の角質細胞の中にある保湿成分です。(セラミドは角質細胞と細胞の間にある成分)

これはアミノ酸や尿素などからできており、肌の乾燥を防いでいます。しかし、空気が乾燥していると、その力が弱くなるので冬場など激しい乾燥を生じる時期には、やや効果が弱いといえます。

天然保湿因子は保湿力自体は強いものではありませんが、水溶性のため、肌になじみやすく、使用感がよいなどの長所を持っています。


にきびバスタードットコムスポンサードサイト

にきびに関する情報

スポンサードサイト

その他

免責事項

リンク