にきび治療・睡眠法②

にきびバスタードットコムTOPページにきび,にきび跡治療にきび治療・睡眠法②

寝つきが悪い、ぐっすりと眠れないという人のために、より良い睡眠を得るための工夫を紹介します。


①暗めの照明で眠りに入りましょう

少し暗めの照明は、睡眠を誘導するメラトニンというホルモンを分泌させやすい状態を作り出します。

逆に強く明るい照明の下にいると、メラトニンの分泌が抑えられ、目がさえてしまいます。

間接照明をうまく利用したり、直接視界に入らない位置に照明を動かすことが、眠りを妨げないコツになります。


②足元を温めましょう

足元が冷えていると、寝つきが悪くなります。冷えにくくするために、しっかりと入浴すること、お風呂上りに軽いストレッチをして血行をよくすることなどがオススメです。また、足首を上げたり、下げたりの運動も血行を良くし、足元を温めます。


③寝る直前の視覚刺激を避けましょう

布団に入る直前までエキサイトする映画をみたり、難解な本を読んだりするとなかなか寝付けないものです。視覚情報が神経を高ぶらせるためです。

寝る前には、リラックスして見る事ができる、あまり深く考え込ない、軽い内容の本などを選びましょう。


④空腹、満腹状態で布団に入らない

人はお腹が空いているとなかなか寝付けませんし、満腹の状態でも覚醒刺激となってしまいます。食事の時間が乱れないよう、夕食の時間を調整して、空腹や満腹の状態で布団に入るのは避けたほうがよいでしょう。


にきびバスタードットコムスポンサードサイト

にきびに関する情報

スポンサードサイト

その他

免責事項

リンク