にきびは潰すべきか?

にきびバスタードットコムTOPページにきび,にきび跡治療にきびは潰すべきか?

大きくなるニキビについイライラして、指でつまんで潰してしまったという経験を持っている方は、多いのではないでしょうか?

果たして,にきび潰してもいいものなのでしょうか?

にきびを潰すとどうなるのか?

潰してしまうと、詰まった毛穴から液体状のものか固形のものが出てきます。液体状のものは、漿液(しょうえき)というもので、まだ化膿した状態ではありません。固形のものは、膿が固まった状態で、すでに化膿しています。

液体状のもの、固形のものいずれも、いじったり、潰したりは厳禁です。

潰してしまって膿を出すと早く治るんじゃないかと思えますが、逆に十分毛穴が広がっていない状態で無理矢理押し出すわけですから、肌が傷ついてしまいます。

このとき、ついてしまった傷痕は、なかなか治りません。ひどい場合には色素沈着を起こしてシミのようになってしまいます。

にきびはしっかりとケアを行なって、治るまでは自然に任せるのが一番なのです。焦らず、じっくりと気長に治療していきましょう。

もし、どうしても潰したいというのなら、専門医に相談して、専用の機械で吸い出す,圧出などの処置を受けてください。

面皰(めんぽう)の圧出は保険適用なので、手軽な値段で処置(皮膚科でのにきび治療皮膚科でのにきび治療 参照)を行なってくれます。どうしても潰したいのなら、近くの皮膚科に相談してみてください。

それでもにきびを潰すというなら

もしどうしても潰すのであれば、手で行なわずに専用の『芯出し器』を使ってください。手で行なうとブドウ球菌をはじめ,色々な雑菌がつくので、化膿しやすく、返って跡が残りやすくなります。

にきび芯出し器 にきび芯出し器

また潰した後は患部を清潔にするため、しっかりと水で洗い流します。特にお湯で洗い流すことで、血行を促進しにきび跡が凹むことが少なくなるそうです。その後は少し消毒し、自然に患部がふさがるのを待ちましょう。

にきびバスタードットコムスポンサードサイト

にきびに関する情報

スポンサードサイト

その他

免責事項

リンク