市販薬(医薬品)の注意点

にきびバスタードットコムTOPページにきび,にきび跡治療市販薬(医薬品)の注意点

にきびの市販薬(医薬品)はドラッグストアやデパートの薬品売り場など様々な場所で簡単に買い求めることが出来ます。

これら病院での処方薬以外の治療薬は一般的に医薬品と呼ばれています。

にきびを治療する場合において,医薬品で効果を得られる場合もありますが,中には逆に肌のかぶれや炎症を引き起こすこともあり,使用には注意が必要です。


イオウカンフルローションの注意点

にきびの外用薬の中には,角質剥離剤という,皮膚表皮の角質を取り除き,毛穴詰まりを改善する成分を含んでいるものがあります。

主な成分として硫黄が含まれ,医学的には硫黄カンフルローションと言われるものがその代表です。コメド(面皰)の形成が主となる初期のにきびに有効であるとして,薬局などで簡単に手に入れることが出来ます。

しかし,硫黄カンフルローションは,肌を激しく乾燥させ,逆に強い刺激を与えてしまう場合も多いのです。

これらの副作用があるため,欧米などでは硫黄カンフルローションはにきびの治療薬として認可されていません。逆ににきびを悪化させるものとしてとらえられているのです。

 イオウカンフルローションは肌を乾燥させ刺激を与えてしまう


抗炎症剤の注意点

また,コメド(面皰)が形成されると,アクネ桿菌などが増殖し,炎症を起こしやすくなります。ですから,この状態になると炎症を抑える抗炎症剤を使うのが一般的になっています。

市販されている抗炎症剤の成分としては一般的にイソプロフェンピコノールが使用されていますが,実際この成分は炎症を抑えるのに有効でないことがわかっています。


安全性を考慮した治療を

自己流の治療で薬を乱用するのは大変危険で,さらなるニキビの悪化を招きかねません。市販薬を用いるのであれば,薬の説明書を十分理解し,各成分の効果,副作用を十分知った上で使用しましょう。

市販薬の成分・効能 にきび市販薬の成分・効能①
市販薬の成分・効能 にきび市販薬の成分・効能② 
市販薬の成分・効能 にきび市販薬の成分・効能③ 

また,ドラッグストアには常駐の薬剤師さんがいるので,症状を伝えたうえで適切な医薬品を選んでもらうの一つの方法です。

それでも安全面に不安があるのであれば,やはり専門のクリニックにてみてもらうことをおすすめします。


にきびバスタードットコムスポンサードサイト

にきびに関する情報

スポンサードサイト

その他

免責事項

リンク