フォトフェイシャルとは?

にきびバスタードットコムTOPページ皮膚科のにきび,にきび跡治療フォトフェイシャルとは?

フォトフェイシャルとはクリアタッチレーザーやクールタッチレーザーと同様に光線を利用した治療法の一つです。

しかし,これらレーザー治療と異なる点は,従来のレーザー治療が,肌の表皮,もしくは肌深層にある真皮に対して,各々単独の効果しか持たず,使い分けて治療しなければならなかったのに対して,フォトフェイシャルにおいてはそれら肌各層の治療が一つの光線で行なえてしまうという事なのです。

例を挙げるならレーザーの場合は,光線の波長が各々の限られているのでルビーレーザー,アレキサンドラライトレーザーはシミの治療に適していますが,赤色に反応しないので,赤ら顔の治療には効果がない,といったことがありました。

ですが,フォトフェイシャルでは,光範囲の波長を持つ光線を照射するので,肌トラブルの種類によって機械を使い分けることなく,にきび,シミ,赤ら顔,毛穴の引き締め,そばかすといった異なる症状も,ひとつの光線で同時に治療することが可能なのです。

フォトフェイシャルで使用するIPL光線

フォトフェイシャルで使用される光線は,通常のレーザー光線とは別のもので,IPL(インテンスパルスライト)といいます。

肌に有害な紫外線をフィルターで遮断し、肌に害を及ぼさない光線だけを集めたものです。

このIPLがシミならメラニン,赤ら顔なら毛細血管にあたると,肌トラブルの原因となっているメラニンや毛細血管を破壊します。同時にIPL光線はコラーゲンを生成する細胞に刺激を与えるので,コラーゲンの生成が促され,顔全体にハリが生じ,凸凹のにきび跡治療にも効果が得られるのです。

フォトフェイシャルの安全性

フォトフェイシャルで使用されるIPLは,他のレーザー治療と比べ痛みは強くありません。治療後に小さなかさぶたができることがありますが,照射部をガーゼで覆ったりテープをしたりする必要はありません。少しの赤みなどがでますが,数日でおさまります。

また,治療後,時間が経過しても炎症で色素沈着を起こすなどといった問題も他のレーザー治療に比べて非常に少なく,つまりフォトフェイシャルは非常に安全に行なうことができる治療法なのです。

フォトフェイシャルでのにきび跡治療

フォトフェイシャルは上に示したような効果から,凸凹のにきび跡や,にきび跡の赤み,色素沈着を解消するのに利用できます。

また,個々のにきびに対して一つずつ照射,治療しなければならないレーザー治療に比べ,フォトフェイシャルは顔全体に照射することができるので,早くにきび跡を治療したい人には非常に効果的な治療法なのです。

フォトフェイシャルの治療回数、費用

治療される病院などによってもちがいますが,大体,3週間に1回の割合で,合計5~6回行なうのが一般的なようです。

治療費は自由診療であるため高めの値段設定で両方の頬を治療するのに1回2万円ほどかかります。

フォトフェイシャル クリアタッチレーザーとは?
フォトフェイシャル クールタッチレーザーとは?

にきびバスタードットコムスポンサードサイト

にきびに関する情報

スポンサードサイト

その他

免責事項

リンク