ホルモンのアンバランスがにきびの原因?

TOPページにきびの基礎知識→ホルモンのアンバランスがにきびの原因?

にきびは,表皮の角質が増殖することによって厚くなり,毛穴が狭まることによって起こります。皮膚のターンオーバーがうまく出来ずに角質が厚くなることを異常角化といいます。

この異常角化を起こす最大の原因は性ホルモンのアンバランスと考えられています。

思春期にきびの場合

性ホルモンにはアンドロゲン(テストステロン)などの男性ホルモンと,エストロゲン,プロゲステロンなどの女性ホルモンとがあります。

これらのホルモンがバランスを保ちながら身体の機能を維持していますが,思春期になるとアンドロゲンの分泌量が増加し,女性ホルモンに対して優位となります。

そのため,角質の異常な増殖がおこり毛穴を狭めてにきびの原因となってしまうのです。

思春期以外でも

思春期にきびに対して、20歳以降に起こるにきびを『大人にきび』と呼ぶことが一般化してきました。

ホルモンバランスが崩れるのは,思春期だけではありません。女性の場合では,生理前後になるとホルモンバランスが崩れやすくなります。

つまり,生理の前後はにきびのできやすい時期ですから,女性の方は注意が必要です。実際に生理前後でにきびが出来たことにより,その後にきびとのつきあいが始まってしまう人もいます。

なぜアンドロゲンが優位になるとにきびができる?

なぜにきびができやすくなるのかは,現在でもはっきりとはわかっていないそうです。ただ思春期の男女においては,圧倒的に男性ににきびが多いことははっきりとしています。

また重度のにきびがある20代,30代の女性の血中アンドロゲン濃度が高いという結果もでています。

加えて,テストステロンは皮脂腺で還元酵素の働きでデヒドロテストステロンに変性し,これが脂線を刺激して,皮脂の分泌を盛んにもしています。

つまり,何らかの原因で男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが崩れることにより,にきびが出来やすい状態になることは確かだと考えられます。

はっきりとホルモンバランスが崩れる原因はわかっていませんが,不規則な生活リズムや偏った食生活,運動不足などはバランスを崩す一因と思われます。皆さんもにきび予防のために,これら日常習慣を見直してみるといいのではないでしょうか。

にきびバスタードットコムスポンサードサイト

にきびに関する情報

スポンサードサイト

その他

免責事項

リンク