タイプ別にきび漢方薬 ④

にきびバスタードットコムTOPページにきび,にきび跡治療にきびの漢方薬タイプ別にきび漢方薬④

風熱型

思春期にきびタイプ

<にきびの特徴>

  • できる場所が移動しやすい
  • 額、眉間、頬に多くできる
  • 膿が出て治っても、また新しいものがすぐにできる
  • 赤みがあり、熱っぽい感じがある
  • かゆみ、痛みをともなう
  • 皮膚から盛り上がっている

<ポイント>

  • 身体のほかの症状(ストレス、食生活など)に関係なくできる
  • 大きく盛り上がっていて、赤みが強い
  • 夏の暑さや冬の暖房など、熱が加わると赤みやかゆみが強くなる
  • 辛い料理を食べたり、運動したりして身体が熱くなると、赤みやかゆみが強くなる
  • 春から夏にかけて悪化しやすい

<このタイプの主要漢方薬>

清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)

<効能>
熱を冷まし炎症を抑える、膿を出す、解毒して腫れをとるなど

⇒『タイプ別にきび漢方薬 ⑤』へ

にきびバスタードットコムスポンサードサイト

にきびに関する情報

スポンサードサイト

その他

免責事項

リンク