にきびを悪化させる菌

にきびバスタードットコムTOPページにきびの基礎知識にきびを悪化させる菌

にきびのある人には、脂腺嚢の分泌管の深部に、酸素がないとかえってよく増殖するプロピオニイバクテリウム・アクネス(アクネ桿菌)という菌が生息しています。この菌は、思春期前にはみられません。

にきびの発生には菌が関与?

このアクネ桿菌は思春期以降に見られるようになり、16歳以降ではにきびのある人は、にきびの無い一般の人よりも140~150倍ほどの密度まで増加をします。

アクネ桿菌はコメド(面皰(めんぽう))の発生を促し、皮膚が炎症を起こすことを手助けします。この菌は、普段は人体に害を与えませんが、脂腺の皮脂を栄養として増殖し、リパーゼという酵素のちからで脂肪を分解して、遊離脂肪酸を増加させて、炎症を発生し、コメドをつくります。

にきびの原因,アクネ菌 アクネ桿菌

注:にきびの原因にも述べましたが、アクネ桿菌が分泌する物質が紫外線を浴びることにより、炎症を引き起こすことが、最近の研究でわかってきました。(にきび治療・紫外線対策)

また、表皮ブドウ球菌という細菌もにきびの発症・悪化に関与しています。

にきびの原因,表皮ブドウ球菌 表皮ブドウ球菌

解説:常在菌って?

人間は生まれるとすぐに皮膚の表面に細菌がつきます。それらを常在菌とよびます。にきび菌・表皮ブドウ球菌・黄色ブドウ球菌などがあります。

黄色ブドウ球菌 黄色ブドウ球菌

にきびバスタードットコムスポンサードサイト

ムスポンサードサイト

にきびに関する情報

スポンサードサイト

その他

免責事項

リンク